地球観測衛星リモートセンシング技術

地球観測衛星に関する観測運用、観測データ解析などの業務を行っています。
地球観測衛星データの解析ソフトウェアの開発とライセンス販売を実施しています。

校正・検証

人工衛星搭載センサー(光学、SAR)、地球観測データ処理プロダクト

解析

各種分野(防災・農業・水産業等)における地球観測データの解析

開発

地球観測データの処理アルゴリズム、データセット処理システム

管理・運用

地球観測衛星の地上データ処理設備、地球観測データの受信・処理、保管等

利用推進

地球観測データの利用推進業務

ソフトウェア開発・販売

合成開口レーダ処理ソフトの開発、ライセンス販売

 

ソリューションパッケージ

マルチセンサーデータ・インテグレーションGIS解析

地球観測衛星搭載センサーによる地球規模の広域データは地上分解能と時間分解能において粗大ではあるが、国際的観点からの解析によるソリューションが期待できる。UAV搭載センサーによる観測データは小域ではあるが、地上分解能と時間分解能が高く任意の時期の観測が行える。
これらの観測センサデータ(画像)を組み合わせて解析することで、新たな知見から得られる高付加価値プロダクトによるソリューションを提供いたします。

 


衛星データ解析ソフトウェア

PulSAR ISTS Editionは、地球観測衛星搭載の合成開口レーダ(SAR)により取得された信号データを処理・解析するソフトウェアです。

SAR画像プロダクトを生成し、2つの異なる衛星軌道から同一地域を観測したSARデータの位相差を利用したインターフェロメトリにより、差分干渉SAR(DInSAR)画像の生成および数値標高モデル(DEM)を作成します。

詳細のお問い合わせはこちらから カタログのダウンロードはこちらから